タニヤマムセン
創業明治41年
谷山無線電機株式会社
四条河原町の貸事務所・貸会議室はオフィスゴコマチ
ゲストハウス京都ゴコマチ

社長挨拶

電気を見つめて、時代とともに明治41年(1908年)に ろうそくの製造販売を営みながら乾電池式の携帯電灯を扱い始めたのが電気との出会いです。その後、大正13年からはラジオ受信機の自家製造・部品の販売も始めました。終戦までは まさにラジオの時代と言えます。

昭和28年(1953年)のテレビ放送開始が家電元年。 昭和30年代は三種の神器と言われたテレビ・冷蔵庫・洗濯機が出現。その後、カラーテレビ・エアコン・ビデオと日本の生活文化と共に、 時代を象徴する最先端商品をお客様にお届けするという意義ある仕事に携わることができました。そしてそこにはいつも地域のお客様の暖かいご支援と幾多の仕入先様のご支援がありました。創業100余年 感謝の念を新たにしたいと思います。

バブル崩壊後、価格破壊の嵐が吹き荒れました。良い商品をより安くお客様にお届けすることが小売業の使命ですが、ややもすればイメージだけが先行しお客様を置き去りにして議論されていた感もあります。

改めて世の中を見回すと本当にモノがあふれています。過去を振り返ると、お得から便利へとお客様のニーズは変化してきました。そして、これからもますます人間中心の社会やシステムが望まれる時代であると確信しています。

「STAY WITH YOU」をキーワードにこれからも地元のお客様のご期待に応えられる様、より一層努力してまいります。

沿革を見る

人間力

人間力時代と環境を考え明日への進化を提案し続けていく。たえまなく積み重ねられていく進化の歴史。人間の生命のエネルギーはいつも潤いと感動に満ちあふれている。大自然の摂理に従いながら たくましく生き抜くメカニズムが宿っている。やわらかな発想とものとの素晴らしい融合。学ぶべきは人間の力。

私たちは、「次代の電化環境の創造と提案」をビジネステーマに「価値あるモノとサービスを通じて潤いと感動を提供する」企業です。

私たちは、STAY WITH TOUを心に「グッドパートナーとして地域No.1であり続けること」を目指します。

私たちは、私たちと関わるすべての人と 夢と喜びを分かち合い共感し共存していくことを約束します。
これが私たちの理念です。

熱意

業界で言えば家電専門店として位置付けられるのでしょう。もっと広い見方をすれば「小売業」と言うことになります。

でも私たちは単にモノを右から左に流すことを仕事だとは考えていません。

個々の商品知識(カタログスペック)も基本として大事ですが、お客様が本当に求めているのは、そのモノを通じてどれだけ楽しむことができるのか、便利で安全であるか、ということです。

だから私たちに求められるのは、例えば、テレビの技術的な説明ではなく、映画好きのお客様にはどれほど感動的に映画を楽しんでいただけるのか、 スポーツ好きのお客様には、迫力の映像とその場にいるような感動を如何に味わっていただけるのか、をどれだけ伝えられるかということなのです。

気持ちはいつも、近くの電気店。熱意を持ってご提案させていただきます。
               
資本金 5,000万円
従業員数 約50名
決算期 3月末日(年1回)
純資産額 約29億円(2017年3月)
事業内容 家電製品、オーディオ、ビジュアル、情報関連商品の販売、太陽光発電、オール電化、リフォーム、不動産管理・賃貸・ゲストハウス運営
取引銀行 京都銀行、京都信用金庫、三井住友銀行、京都中央信用金庫、商工中金
取引先 京都市・京都大学・各大学・官公庁、NHK京都放送局・京都銀行・京都中央信用金庫、京都信用金庫・各金融機関 他